仕組みの話をします | 借りるのはやめて、クレジットカードでお金を作ってみよう

仕組みの話をします

「仕組みの話をします」のイメージ画像です。

誰でもクレジットカードさえあれば現金を作ることができるわけですが、その方法についてまだいまいちよくわかってない人がたくさんいると思います。

だから今回はクレジットカード現金化に関する仕組みについて解説していきましょう。
クレジットカード現金化と聞くとなんとなく怪しさを感じてしまうかもしれませんが、仕組みは意外と普通です。
だから違法性もまったくなく、誰でも安心して現金をクレジットカードだけで作ることができます。

ではその具体的な仕組みですが、要するにクレジットカードのショッピング枠を使うわけです。
ショッピング枠はどんなクレジットカードにも必ず存在すると思いますが、そのショッピング枠を使用して買い物をしてもらいます。
するとショッピング枠は当然減りますよね。
そして手に入れた商品を今度はどこかに売ってもらいます。
そうすれば商品が手元からなくなる代わりに、現金が入ってきますよね。
つまり結果として、ショッピング枠が減った代わりに現金が増えるということになります。
これがクレジットカード現金化の基本的な仕組みです。

たったこれだけの話なので、仕組みとしてはまったく難しくなくシンプルであることが理解してもらえたでしょう。
ただし、仕組みは簡単でも実際に実行するとなったら結構ハードルが高いなと感じると思います。
もし転売用の商品が売れなかったどうしようとか、買った商品が想像以上に安く売れてしまったらどうしようといったことを考えてしまうと思います。
つまりリスクが生じるので、気軽にはできないでしょう。
でも安心してください。
クレジットカード現金化を手伝ってくれる業者が存在するので、業者に頼ることで気軽に実行することができます。